(16) ひめゆりの塔と[子]

16-1 昭和の時代に[子]のピークを迎える

 右のグラフを見てください。[[子]のつく女性名のグラフ」は登り続け、昭和20(1945)年に、ピークを迎えます。なんと80%の女性に[子]がつけられたのです。その後は、グラフがなだらかに減少していきます。

 昭和20年というのは終戦の年です。戦争と名前とは関係があるのでしょうか。

 

 下の写真は、沖縄県にある「ひめゆりの塔」です。そこには,当時13才から19才だった少女たちの名前211名が刻まれています(教職員16名の名前も)。那覇市にあった「沖縄師範学校女子部」「県立第一高等女学校」から、学徒隊として病院で働いていて、爆撃を受けて亡くなった少女たちの名前です。

 ひめゆり塔の最初の10名の女性名を挙げます。

チヨ 系子 貞子 千枝子 嘉子 キヨ 清子 愛子 きく 敏子

 211名全員の名前をみると、131名(63%)に[子]がついています。沖縄には他にも学徒隊の塔があります。その少女名を見てみると(ひめゆり平和祈念資料館編『沖縄戦の全学徒隊』2008、同編『墓碑銘』1989より)

         (女子総数)      (うち[子]がある)

第三高等女学校   58名        44名                (75.9%)

首里高等女学校   55名     32名     (58.2%) 

積徳高等女学校   33名     15名     (45.5%)

昭和高等女学校   62名     23名     (37.1%)

 それにひめゆり(沖縄県女師範・一高女)の211名(うち131名が[〜子])を合わせると、419名中245名(58.5%)の女性名に[子]がついています。その子たちの年齢は15才ほどですから、1930年生まれです。日本全体で1930年生まれの女性は、70%に[子]がついているので、沖縄では少し低い気がします。やはり沖縄県は、もともと琉球王国であったわけで、他府県より低くなるのでしょうか。もう少し、沖縄の女性名の歴史を見てみましょう。

 4つの小学校の「卒業生名簿」があります。

1『沖縄師範学校付属小学校 創立百年の記念誌』(1982)

2『那覇市立高良小学校,幼稚園創立50周年記念誌』(1996)

3『竹富町立小浜小学校,創立百周年記念誌うふたき』(1997)

4『名護市立名護小学校百年誌』(1983)

 その4校の女子卒業生1万2000人の名前に[子]がついているかどうかを調べ、グラフにしました。

 

 やはり全国(青線)と同様に終戦の年(1945年)のピークに、富士山のような左右対称のグラフになりました。[子]のつく名前の増加には、戦争が関係しているようです。

 戦争までの日本人は、個性よりも調和を大切にしました。「八紘一宇(はっこういちう)」という言葉があります。それは「全世界をひとつの家にする」という意味です。特に沖縄県では「気持ちをひとつに」という思いが強かったのでしょう。1945年生まれの女性名の[子]のつく割合は95%にもなります。

 それが、終戦を境に、人々の価値観が多様化していきます。親たちも、自分の子どもが「個性的である」ことを願うようになり、子どもたちの名前も変化していきます。

 

 ひめゆりの塔に刻まれたある少女(愛子さん,師範学校女子部本科2年,19才)について『墓碑銘』には次のように書かれています。

 首里に生まれ育ち、言葉づかいが丁寧であった。学校では、教室の黒板を隅々まで拭き、よく教卓に花を生けていた。奉仕的な事をすすんでする愛子は、学友から親しまれていた。5月中旬頃、首里から家族と共に南風村に避難したが、その後南部に移動した。6月18日、父が壕掘りに出かけている間に真壁町真壁(現糸満市)の民家で直撃弾を受け、姉と共に即死した。

 

 もう一度、「沖縄女性の[子]のグラフ」を見てください。左が%で、右が人数です。全国のグラフ(青線)も比較のため入れました。

「[子]のつく女性名」について「沖縄県」と「全国」とで、いくつか相違があります。

1 沖縄県では、[子]のグラフの立ち上がりが遅い。

 もともと沖縄伝統の名前がありました。カマド,ウシのような「童名(わらべな)」です。沖縄県の人たちがそれを大和名(他都道

 府県と同じような名前)を受け入れていくのに、時間がかかったのでしょう。

2 1945年のピークがとても高い。他都道府県では80%なのに、沖縄では95%もあります。「大和名に変えること=子をつける」

 という思いがあったのでしょう。

3 右は、実数のグラフですが、それを見ると、昭和20年から22年の女性数が1/2以下です。いかに沖縄戦とその戦後がたいへんだったかがわかります。

 

 続きは↓

(17)個性の時代

➡️  「女性名と[子]の目次」に戻る 

 

➡️  「ホーム」に戻る